忍者ブログ

すー日記 bis ブログ

(すーにっき・びす/映像翻訳・字幕翻訳のあれこれ)

制作バイト。

スクールの話が長くなってしまいましたが、映像翻訳者になるためのルート、「その2」の話です。



   ・   ・   ・

映像翻訳者になるためのルートとして「スクールに通う」のほかに「制作会社などで働く」というのもアリ、と書きましたが、(★コチラの記事です★)、私も最初のころ、某制作会社でアルバイトをさせてもらっていました。

スクールを修了しトライアルの合格通知をいただいたタイミングで、たまたま募集がかかっていたのです。スクールの母体である制作さんとは全然関係ない、別の会社さんです。(スクール受講中は関西にいましたが、終了のタイミングで たまたま東京に戻ることになり、東京で面接を受けました)。

映像翻訳って、トライアルの応募条件が「経験1年以上」ということが多いんですよね。経験がないとトライアルに挑戦できず、トライアルに挑戦できないとお仕事の経験を積めないという、「どうしたらいいの?」のグルグル状態に陥ってしまう。

その「グルグル」を、「発注側で働く」ことで回避しようというのが、このルートです。募集条件が「経験者」だったらダメですが…。

(スクールを修了すれば、その学校のトライアル→お仕事獲得により「ぐるぐる」を回避できます)。

現在、ご活躍の翻訳家さんの中にも、このルートを経ていらっしゃる方、けっこう多いみたいなので、修行の場というか、業界や技術を学ぶ上で、かなり有効なのではないかと思います。

映像翻訳に関わりつつ定収を得られるというのも魅力です。

   ・   ・   ・

ただし、この「会社で働いて→独立してフリーランス翻訳者を目指す」ことには大きな注意点があります。それは、多くが「制作の募集」であって「翻訳者の募集ではない」ということです。求められているのは、翻訳者から上がってくる原稿をチェックしたり、進行管理をしたりという「翻訳以外」の仕事をする人で、自分で翻訳をする機会は、ほとんどないか、非常に少ないと思います。

だからこそ勉強になる部分も多いと思うのですが、それを理解せず、「翻訳をさせてほしい!」と主張したり、「できないなら」と短期間で辞めたりする人がいるようです。(正直、かなりいらっしゃるようですemoji) 気持ちは分かるんですが(*)、うーん、どうなのかなあ、と… (狭い業界、そういう自分勝手は、あとで自分に返ってきますよぅ~)

*気持ちは、すっごく分かるんです! 私も翻訳者志望で制作に応募し、現在は辞めて完全フリーになっていますので…。

   ・   ・   ・

チェックや管理のお仕事、ものすごく いい経験になると思います。1人で翻訳をしていたら絶対に分からないことを沢山 学べると思いますし、いつかフリーランスとして独立した時、制作会社の内部を知っているのは大きな強みになると思います。「制作会社や配給会社が何を求めているか」が分かる、というのも、ものすごく大きいと思います。人脈ができれば、独立後、仕事も得やすいと思います。←実力があれば!

   ・   ・   ・

というわけで、長い記事が続いて恐縮ですが、「翻訳者になるためのルート その②」のお話でした☆ 何かのご参考になるといいのですが…



拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

名前: すー。

字幕翻訳者です。2004年の秋にトライアル合格、2005年よりお仕事を開始。制作バイトとの かけもち期を経て、現在は在宅フリーランスで奮闘しています☆ このブログでは、昔の自分が知りたかったこと、お仕事をするようになって知ったことなどを、及ばずながらシェアしていけたらいいなと思います。よろしくお願いいたします!

*サイト: すー日記 bis サイト

ブログ内検索

最初の記事

ブログを1つめの記事から
ご覧になるには、こちらから。
  ↓  ↓  ↓
(あらためまして、) はじめまして!

最新コメント

[05/25 すー → 拍手コメント「ゆ」さま]
[05/25 すー → 拍手コメント「あ」さま]
[03/16 すー → ありちゅんさん]
[03/15 ありちゅん]
[03/15 すー → 拍手コメント「A ちゅん子」さま]

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お問い合わせ

susoustitre(あっと)gmail.com

カウンター